24歳の甥っ子、つむじの毛髪について

正月モードも今日で終わりで明日から仕事です。
昨日、甥っ子のケンイチが年始の挨拶だと言って家に来た。

昨年大学を卒業して今は都内のウエブ制作会社に努めている。

母親が作った雑煮を2人でつつきながらビール、酒とかなり飲み、
気がつけば二人とも座布団を枕に寝ていました。

俺のほうが先に目が覚めふとケンイチのほうを見ると
ん?なんだこいつ。。

頭の天頂部、ちょっと毛が薄くね?

そう、ちょうどつむじのあたりの毛が薄い。

俺の気のせきかなと思い、キッチンにいる妻を呼んだ。

居間から顔を出し、小さな声で
「おい、ちょっとちょっと、」と来い来いをします。

妻が何よというやや不満げな顔で来る。

「なんかよ、ケンイチのつむじの部分、毛が薄いと思わんか?」

妻は静かにケンイチの天頂部をのぞきこむ。

「あ、薄い。社会人1年目でストレスたまってんのかな。」

私の家系はケンイチの父親、つまり俺の兄も含めて、
それほど禿げない家系なのだ。

祖父はもう他界しているが完全にオールホワイト、
白銀の世界のごとき長髪の白髪頭。

父親は短く刈り込んでいるが未だに真っ黒。
ハゲているようには見えない。

俺も薄毛とか一切無関係。兄もやや額が広くなってきているが
ハゲとは関係ない。

なので遺伝ではなく、なんか心理的なもののような気がする。

妻と2人してヒソヒソ話していると、むくりとケンイチが起き上がった。

「ん・・・どうした??」

と我々をみて寝ぼけ眼で、叔父夫婦が自分の顔を覗き込んでいる事実を
理解しようとしている風。

「いや、なんでもない。よく寝るなと思ってよ」と俺。

放置しておけばそのうち治るだろうと、
特にその場では何も指摘することなく、
言葉を濁したのであった。

ケンイチが帰った後、スマホで検索してみたら
こんなサイトを見つけた。

20代のつむじハゲ

ふむふむ、若ハゲとはよく聞くが20代で始まる人もいるのか。
で、様々な育毛剤があるようだ。

今度、兄と会ったとき、話してみようかなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です